花菜の【花菜の選べる乳酸菌】は楽天で買えるか?

乳酸菌が体にいいのは知っているけれどどの乳酸菌がいいのか分からないと言う方に選ばれているのが花菜の選べる乳酸菌です。5000億個の乳酸菌を詰め込んだ花菜の選べる乳酸菌にはナノクラスの高機能乳酸菌を配合しており、さらに今までとは違う方法で摂取することができます。

含まれる乳酸菌の種類は腸に生きたままと毒植物性乳酸菌のラブレ、乳酸菌と酵母が強制することで発酵するケフィア、花粉対策に抜群の効果を発揮するフェカリスとなっています。
さらに乳酸菌をナノサイズまで縮小していますから体の隅々まで届き、肌の健康も体の健康も保つことができるのです。

しかも乳酸菌は取り続けると体が慣れてしまい効果が半減すると言うデメリットがあるのですが、花菜の選べる乳酸菌はすこやか健菌ナノ型とうつくし美菌5000億の2種類に分け交互に飲むことで乳酸菌への耐性を作らない仕組みを確立しています。

品質のいい新しいタイプの花菜の選べる乳酸菌ですが、大手ショッピングサイトの楽天などでは販売していません。唯一公式通販サイトのみで販売していますので楽天ポイントを貯める、使うことはできません。

公式サイトでは初めて飲みたいという方に初回限定価格3000円で購入できるコースがあります。送料は無料ですし、その後続けたいと言う場合も定期コースで1月4500円あるいは毎月3袋ずつ購入する12000円のコースを選ぶこともできます。

通常価格は6000円に送料がかかりますから非常にお得ですし、他社と比べても経済的ですから、この機会に乳酸菌サプリメントを試してみてはいかがでしょうか

乳酸サプリに副作用はあるのか?

乳酸サプリに副作用はあるのか?

おなかの調子を整え、新陳代謝を促す等、体に良いことで有名な乳酸菌。
意識をして摂取している方も増えているのではないでしょうか。

ヨーグルトやチーズ、他にも日本の食品でしたら、味噌や糠漬けなどに含まれることが有名です。
こういった食品から1日に必要な量を摂取しようとすると、200~300グラムほど必要になります。
例えば「ヨーグルトを300グラム摂取する」、というのは、考えてみると結構多い量です。

では、乳酸菌を効率よく摂取するにはどうしたらいいのでしょうか。?
簡単に続ける方法に、乳酸菌サプリメントを利用する方法があります。
出来れば食品からバランスよく摂取できればいいのですが、
普段の生活では、なかなか難しいこともありますよね。
その様な時、補助してくれるものがサプリメントです。

業界関係者の間でも、乳酸菌サプリメントは大変注目されています。
しかし、サプリメントと言えば気になるのが副作用です。
乳酸菌サプリメントには、どんな副作用があるのでしょう?

実は、乳酸菌には副作用が一切報告されていません。
他の薬との相互作用もないと言われています。
適量を摂取していれば、弊害もなく安全なサプリメントと言えるのです。

抗生物質や抗がん剤を長く投与することで落ちた免疫力も、
「乳酸菌の摂取で回復することができた」という実験報告も出ているくらいです。

ただ、そんな安全なサプリでも、1点気を付けるべき点があります。
乳酸菌サプリメントの中には、天然の乳酸菌だけでなく他、のビタミンやミネラルが入っている商品もあります。
乳酸菌自体に副作用はなくとも、その他の成分が、病気によっては摂取を控えた方が良いものであったり、
飲んでいる薬によっては副作用が出る可能性もあるのです。
不安な方は必ず病院で相談するようにしましょう。

たくさんの良い効果が期待出来る乳酸菌を、上手く摂ることは体内にとっても嬉しいことですからね。

サプリ関連

にんにくサプリランキングです

にんにくのサプリメントをランキング形式で紹介しているサイト。

乳酸菌はニキビにいい?

乳酸菌、またはビフィズス菌は、便秘解消や肌荒れ防止にとても効果があるとして、沢山摂るようにすると良いと言われています。 腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増加させ、酸性に保つことにより、便秘になりにくい体作りをサポートしてくれます。

また、その過程でお肌に排出される毒素も減るので、肌トラブルの起こりにくいお肌環境も作られます。 便秘解消や美容には欠かせない乳酸菌ですが、乳酸菌の効果はまだまだあります。 実は、乳酸菌はニキビ対策にも大きな助けとなってくれるのです。 ニキビには、洗顔が不十分だったり、お肌の表面のアクネ菌が大量に分泌したりと色々な原因があります。

そして、腸内環境の不全もその原因の一つなのです。 不健康な腸内環境というのは、腸の中で悪玉菌が増加している状態のことです。 腸の中には有害ガスや腐敗物が溜まっており、有害物質が腸の粘膜を通じて全身の血液の中を巡ります。 更に、腸内の有害物質がお肌に排出されると、どうなるでしょうか。 酷い肌荒れが発生するのは勿論、ニキビが出来てしまうこともあります。

腸とニキビの関係なんてあまり聞いたことがないかもしれませんが、関係性が全くないわけではないのです。 ニキビを解消するためにも、乳酸菌をしっかり摂って、腸内の環境を整えてあげることがとても大切と言えます。 そのため、ニキビが出来やすいという方には、顔をきちんと洗ったり、生活習慣を整えたりするのと同時に、サプリメントや食品などで、乳酸菌の摂取にも気を配ることをおすすめしたいと思います。

ほとんどの乳酸菌は、胃から腸に至るまでの過程で死滅してしまうことがありますので、出来れば生きた乳酸菌を摂るように心がけると良いでしょう。 生きた乳酸菌を効率よく摂取するためには、食品から摂取するよりもサプリメントを飲む方がより安全で効果に期待が出来るかもしれません。 そして、一緒にオリゴ糖を摂るようにするとさらに効果アップに期待が持てると言われています。

善玉菌について

善玉菌

私達の腸の中には、約500種類以上もの菌が住んでいます。
その菌の中には、善玉菌と悪玉菌がいます。
一般的に、私達の健康に効果がある働きをしてくれるものが善玉菌。
逆に健康に害を及ぼす菌は悪玉菌と呼ばれています。

良く知られている善玉菌には、乳酸菌やビフィズス菌やブルガリア菌などがあります。
善玉菌は糖をえさに増殖し、悪玉菌を除去する働きもあって、健康が保たれているのです。

腸内の悪玉菌・善玉菌のバランスが取れている時は、健康を維持していますが
悪玉菌が増えると、健康も崩れがちになります。
あまりに酷い便秘解消などには、善玉菌であるアシトフィルス菌が
大きな効果をもたらしてくれると、専門家達の間でも言われています。
あまり聞きなれない菌ですが、ビタミンや食物繊維がプラスされると、さらに効果が高まるそうです。

善玉菌の腸内での働きは、健康への効果が大きく
病気に対する抵抗力や免疫力が付くだけでなく、老化防止、美肌維持にも効果的と言われています。

一般的に腸内の善玉菌は、慢性的な便秘にいいので、善玉菌を増やしたいですね。
そのためには、毎日継続して乳酸菌が含まれているヨーグルトやヤクルトなどを取ることが大切になります。

また、腸内の善玉菌を増やす食品には、副作用がありません。
赤ちゃんからお年寄りまで安心して摂ることが出来ます。
出来る限り毎日の食事メニューにも、乳酸菌が含まれている食品を取り入れましょう。
たとえば海藻類やイモ類、きのこ類などの食物繊維は、腸の中で分解されると
酪酸や酢酸が作られるので、善玉菌が増えます。
だから、身体にとても良いですよ。

腸内が酸性になると、悪玉菌が減り善玉菌が増えますが
オリゴ糖は悪玉菌が食べることができません。
だから、腸内の善玉菌を増やすのに、とても効果があります。

オリゴ糖が含まれている食品は、大豆類やゴボウ、とうもろこし、たまねぎ、バナナなどです。
また、味噌などの発酵食品も食欲が増し腸内環境が整う効果が期待できます。
乳酸菌サプリも同じく期待が持てますよ。

カルピスの乳酸菌

カルピスの乳酸菌サプリ

カルピスの好きなお子さん、そして大人の方も多くいらっしゃると思います。
それほどまでに、カルピスは誰もが一度は口にしたことのある「乳酸菌飲料」です。
「乳酸菌飲料」と申し上げましたが、カルピスは牛乳だけでなく
乳酸菌を使って生成をされています。
だから、私達の健康にも美容にも良い影響を与えてくれる優秀な飲料だったのです。

カルピスは、子供の飲み物という印象がありませんか?
でも、乳酸菌を摂取するために、近年では多くの方が愛飲されています。
ホント、人気のドリンクです。

そんなカルピスから、乳酸菌をダイレクトに使ったアレルゲンに対応するサプリメントなども
多数販売されているのはご存知でしょうか?
乳酸菌を主体としたアレルゲン対応のサプリメント、とてもユニークな発想だと思います。
私の周囲でも、「とてもユニークだね」などと評判が高い製品です。

アレルケアのカルピス乳酸菌サプリメント、一番のこだわりは
カルピス社独自の開発によるL-92乳酸菌の配合です。
L-92乳酸菌の正式名称は、ラクトバチルス・アシドフィルスL-92株。

カルピスは乳酸菌で作られています。
その乳酸菌には、実に様々な菌の種類があるんです。
カルピス社だけでも多くの乳酸菌を保有しています。
その多種多様な乳酸菌の中でも特に選び抜かれた
健康と美容に好影響をもたらすとされるのが、L-92型乳酸菌なのです。
このL-92型乳酸菌は、一般的な乳製品からは摂取することが難しい貴重な乳酸菌です。

様々な食品や飲料から摂取できる乳酸菌ですが、こだわりはその他にもまだあります。
近年では食物アレルギーに苦しむ方が次第に多くなってきている現代です。
カルピスL-92型は、食物アレルギーにお困りの方にも安心な
アレルゲンフリーのアレルギーケアのためのサプリメントとなっています。

乳酸菌サプリを摂り過ぎるとどうなる?

乳酸菌サプリを摂り過ぎるとどうなる?

乳酸菌はおなかの調子を整え、免疫力を上げる、とても体に良いものです。
日本人になじみの深い味噌や糠漬けなどの食品や、ヨーグルト、チーズなどにも含まれています。
ただ、毎日必要量を摂取するのは、なかなか難しいですよね。

1日に必要となる乳酸菌を食品から摂取するには、200~300グラムほど必要です。
他の食品も食べますから、ヨーグルトやチーズを毎日そんなにも食べることは現実的に難しいでしょう。
塩分過多やコレステロールの値が高くなってしまう恐れもあります。

そこで今、サプリメントを上手く使って、乳酸菌を摂取する人が増えています。
でも、気になるのは、サプリメントの摂取量です。
摂取すればするだけいいのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。
乳酸菌のサプリメントだけではありませんが、基本、過剰摂取は控えるべき。
素晴らしい効果をもっている素材でも、摂りすぎることで、逆効果になってしまうこともあるのです。

体質にもよりますが、乳酸菌サプリを過剰摂取した場合、
下痢や腹痛などの症状を引き起こす方がいらっしゃいます。
すぐに効果を得られなかったからと、1日に定められた摂取量よりたくさん摂り
一時的におなかを壊してしまった、という事例もあります。

乳酸菌は大変優秀ですが
過剰摂取したからといって、効果が高くなることも基本的にありません。
乳酸菌によって増えた腸内の善玉菌は、毎日のストレスでも減ってしまいます。
ですので、毎日適量をしっかり飲み続けることがとても大事ですね。

乳酸菌には新陳代謝を促す効果もあります。
体調維持にも摂っておきたい菌です。
だからといって、取り過ぎは禁物。バランスが大切です。
今や乳酸菌サプリメントは、コンビニやドラッグストアでも手に入ります。
体や肌に良いこと、始めてみてはいかがでしょう?

クレモリス菌FC株について

クレモリス菌FC株

腸内環境を整え肌にも優しいという乳酸菌には、様々な種類があります。
今回はクレモリス菌FC株についてご紹介します。

クレモリス菌はカスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。
正式な学名は、Lactococcus lactis subsp. cremoris FC
(ラクトコッカス ラクティス サブスピーシーズ クレモリス エフシー)と言います。

クレモリス菌は、国内のヨーグルトにはほとんど含まれていません。
乳製品に含まれる乳酸球菌の中では、唯一生きて大腸まで届くことが明らかにされていて
業界関係者の間でも、大変な注目を集めています。

カスピ海ヨーグルトを食べたことがある方は、日本のヨーグルトでは味わえない
粘りがあることをご存じだと思います。
クレモリス菌FC株には、独特の粘りを作るEPSエキソ ポリ サッカライド、菌体外多糖
という成分を生み出す力があるのです。

その粘り成分の元となるEPSは、人の胃液や腸液などの消化酵素によって
分解されないことが知られています。
人の胃や腸は、食物を消化するために強い酸性の液体を分泌しますので
普通の乳酸菌は、その酸によって大腸に届くまでに、ほとんどが死んでしまいます。
でも、EPSは分解されないから、生きたまま腸まで届きやすいのです。

クレモリス菌FC株には整腸作用や免疫力向上の他にも、
「血糖値の急激な上昇の抑制」「インフルエンザ予防」「中性脂肪の低下」など
たくさんの効果が期待できると言われています。

また、腸内に留まりやすいことでも知られています。
実際にカスピ海ヨーグルトの摂取試験では、ヨーグルトを摂取している期間はもちろん
ヨーグルトを食べるのを止めてから2週間経った後でも
体内からクレモリス菌FC株が検出された方もいた。
そんな調査結果も出ています。

ただ、寝不足やストレスでも体内の良い菌は減ってします。
毎日適量ヨーグルトなどを摂取することが、大切だということですね。
あなたもカスピ海ヨーグルトを一度試してみませんか?。

フジッコ「善玉菌のチカラ」はどう?

フジッコ「善玉菌のチカラ」

フジッコというと、煮豆や海苔などのお惣菜が有名です。
そのフジッコが、乳酸菌の力を最大限に引き出すサプリメント「善玉菌のチカラ」を開発しました。
フジッコと乳酸菌というと、ピンとこない方もいらっしゃるかと思います。
目を転じれば、フィルム会社が化粧品を作ったりと、その会社独自の研究開発によって、
より優秀な、私たちのニーズに役立つ新しい製品を世に出してくれることでしょう。

さて、フジッコが開発したサプリメント善玉菌のチカラには、乳酸菌が多く含まれています。
その乳酸菌の元となっているのは、カスピ海ヨーグルトに含まれる乳酸菌クレモリス菌FC株です。
胃液などの消化液によって死滅させられることなく、大腸にまでしっかりと生きたまま届く乳酸菌です。

しかも、善玉菌のチカラには、日本人に不足しがちといわれているカルシウムが70mgも含まれています。
そのため、ヨーグルトなのに低カロリー。
食物繊維もしっかりと含有されています。

カロリーを見ていくと、1粒あたりのカロリー0.71Kcalです。
ほとんどカロリーゼロと見てもいいほど。
しかも、海藻からできている食物繊維アルギン酸カリウムもプラスされています。

善玉菌は、腸に作用して腸内環境を整えていく働きが主だと考えられがちですが、
それに付随してもたらされるものは数知れません。
たとえば、規則的なお通じのない方の場合、腸内環境は良いとは言えない状態です。
だからといって不自然な便意では、健康的とは言えません。
腸内の働きを活発化させるためには、やはり善玉菌を増やしてくれる優良な乳酸菌の働きがもっとも有効。
体に無理をかけず、しかも様々なメリットも享受できます。

便通が良くなることはすなわち、善玉菌といわれるビフィズス菌などの
良い菌が働きやすい環境になるということです。
体の循環が良くなるだけでなく、老廃物なども排出されやすくなります。

そして、腸内で出来るガスや便は臭いものと思われがちですが、
乳酸菌の働きが優良なものとなれば、臭くなくなります。
そうなると、体臭にも影響を及ぼします。

生きたまま腸内に届けられる乳酸菌が良く働くことにより、
腸内の環境が良くなることはお分かりになったと思います。

単に、便通が良くなってダイエットになる、というだけでなく、
体臭や病気への抵抗力にも関連があることは、業界内ではもはや常識以上の常識です。
しかも、腸という場所は、栄養を吸収する所でもあります。
滞っていたりすると、美肌に必要な栄養素が充分に供給されないことにもなります。
となると、プラセンタやコラーゲンなどを一生懸命とっていても、
どのくらいのものが体内で吸収されているのでしょうか。?

こういったメカニズムを知って、善玉菌のチカラを毎日の健康と
美容の基本サプリメントとして、使用されてみると他のサプリメントの作用も良くなっていくと考えられます。

乳酸菌サプリの乳酸菌は、生きたまま腸に届くのか?

乳酸菌サプリの乳酸菌は、生きたまま腸に届くの?

現在でも乳酸菌が話題に上り、注目を集めています。
乳酸菌が健康に効果的だと言われるのは、生きたまま腸に届き、
乳酸菌が死滅した後でも悪玉菌を抑え有害物質を減少させるためです。
また、乳酸菌は体の健康にとって効果がある働きをしてれます。

乳酸菌が生きたまま腸に届くと、ブドウ糖や乳糖が分解され乳酸ができますが、
腸の中で乳酸菌が増えると、腸の中は酸性に変わります。
酸性になると悪玉菌が減少し、腸内環境が整い体の健康に効果敵です。
体の健康を維持していく栄養素は、他にもたくさんあります。
中でも乳酸菌は、必要不可欠の栄養素です。

毎日取り続けていると、腸内環境は整い健康維持に効果が期待できます。
ですので、乳酸菌を生きたまま腸まで届けることが大切です。
乳酸菌は体の外に排出されるものなど、様々な種類があります。
生きたまま腸に届く乳酸菌だけとは限りません。
乳酸菌は、熱やpHによって本来の効果が低下するので、
ヨーグルトなど乳製品を買った場合、保存方法には注意する必要があります。

乳酸菌を生きたまま腸に届けるために、食品などは加熱せずそのまま食べることで効果があります。
一番手っ取り早く、誰にでも馴染んで食べられているものがヨーグルトです。
ヨーグルトは体の健康にいいだけでなく、便秘解消にもなって、美容にも効果があります。
便秘解消に良く、美肌にも効果的なことは、すでにご存知かもしれませんね。

ヨーグルトには、カルシウムやリンが含まれています。
だから、イライラなど神経系にも作用し、骨も丈夫に。
ということで、よく牛乳と比較されます。
牛乳が優れた栄養素を含むのは言うまでもありませんが、
ヨーグルトはドロッとしているので胃の中をゆっくり通過します。

そのため栄養分の吸収率は牛乳よりも優れているのが特徴です。
気軽にいつでも、乳酸菌を摂取できるサプリメントも効果に期待が持てます。

ビフィズス菌について

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、ご存知の通り私達の腸の中に住んでいる菌です。
糖を分解し、乳酸と酢酸を作り出しています。
腸の中に住む善玉菌ですので、私達の健康に様々な効果があります。

代表的な役割は、人の体に害を及ぼす悪玉菌を排除し、善玉菌を増やすこと。
悪玉菌を減らすことで、整腸作用が促され、食べ物の消化吸収が高まります。

また、ビフィズス菌は非常に強い殺菌力がある酢酸を作り出すため、
発がん物質などの有害物質の排出を促し、免疫力が強まり、病気になりにくい体を作ってくれます。

さらに、ビフィズス菌は美肌などにも効果を期待することが出来ます。
腸の中のビフィズス菌は、腸のせん動運動を促し、便秘解消に効果があります。
便秘が解消されることで、お肌の有害物質が排出。
活性酸素などの老廃物も抑制されます。

毎日飲むヨーグルトやヤクルトなどでビフィズス菌をとり続けていると、
お肌の保湿が保たれ、美肌がキープできそうですね。

しばしば、乳酸菌とビフィズス菌が混同されます。
でも、二つは別々の菌です。

どちらも善玉菌です。
免疫力が高まるなど作用や、身体に良いことにも違いはありません。
ただ、乳酸菌は乳酸菌だけを作り出すのに対して、ビフィズ菌は乳酸菌と酢酸も作り出します。

また、菌が住んでいる場所にも多少違いがあります。
乳酸菌は体の中全体に存在しているのに対して、ビフィズス菌は大腸の中にいます。
乳酸菌は、腸に長く住み続けることが出来ない菌なのです。
だから毎日ヤクルトなどで乳酸菌を補ってあげる必要があります。

一方のビフィズス菌は、大腸にもともと住んでる菌です。
なくなるというようなことはありません。
両者を細かく比較すれば、違いが良くわかります。

体の外からサプリなどで補った菌は、体の外に排出されてしまいます。
なので、腸内環境を良好に保つには、継続的に摂り続けることが、最も効果に期待ができます。