乳酸サプリは低カロリー?

私たちは腸内に住む沢山の細菌とともに生活しています。
いわゆる善玉菌や悪玉菌、日和菌と一般的に言われているものです。

善玉菌が多く腸内に増殖していて悪玉菌が極力少ない状況が健全と言われる状態です。
もうご存知の方も多いかと思いますが、善玉菌を増殖させるのに良いとされるものが乳酸菌と言われています。

善玉菌は加齢や食生活や運動不足などで減少していくため、どうしても善玉菌にとって力を与える乳酸菌を多く摂ることが、正常な腸の働きを保つためには必要になります。
悪玉菌を減らし善玉菌を活性化させることによって、免疫力を高め、私たちの身体そのものを癌などの病気から守ってくれます。
また、ウイルス感染やアレルギーといったものから受けるダメージも改善してくれます。

その上整腸効果でスムーズな排便に繋がります。
経験者からの意見としては、乳酸菌の摂取には味噌だったり漬物だったりヨーグルトといった発酵食品の乳酸菌が、一番摂取しやすい食品だと思っています。
みなさんも市販のヨーグルトなど、気遣って食べられる方も多いと思いのではないでしょうか。

しかし、乳酸菌は胃液や熱弱いのでせっかく摂取しても全部腸に届くという訳にはいきません。
その点最近の乳酸菌サプリメントは、とても優れており普通ヨーグルトで採る乳酸菌の何倍もの乳酸菌を生きたまま腸に届くように作られています。
そしてカロリーもヨーグルトなどの食品とは違い、1日分1~3カロリー程度となっており何より嬉しい点としてはも低カロリーな事です。

先ほども言いましたが、味噌や漬物、ヨーグルトといった発酵食品の乳酸菌は確かに摂取しやすい食品といえますが、1日どんなに低カロリーを謳ったヨーグルトでも50カロリー以上は覚悟しなくてはいけません。
ですが、乳酸菌サプリメントは、その何十倍も低いカロリーで1日分の、それも生きた乳酸菌を腸内に届けられるのですから、乳酸菌サプリメントの活用には大きな期待が持てます。