乳酸サプリに副作用はあるのか?

乳酸サプリに副作用はあるのか?

おなかの調子を整え、新陳代謝を促す等、体に良いことで有名な乳酸菌。
意識をして摂取している方も増えているのではないでしょうか。

ヨーグルトやチーズ、他にも日本の食品でしたら、味噌や糠漬けなどに含まれることが有名です。
こういった食品から1日に必要な量を摂取しようとすると、200~300グラムほど必要になります。
例えば「ヨーグルトを300グラム摂取する」、というのは、考えてみると結構多い量です。

では、乳酸菌を効率よく摂取するにはどうしたらいいのでしょうか。?
簡単に続ける方法に、乳酸菌サプリメントを利用する方法があります。
出来れば食品からバランスよく摂取できればいいのですが、
普段の生活では、なかなか難しいこともありますよね。
その様な時、補助してくれるものがサプリメントです。

業界関係者の間でも、乳酸菌サプリメントは大変注目されています。
しかし、サプリメントと言えば気になるのが副作用です。
乳酸菌サプリメントには、どんな副作用があるのでしょう?

実は、乳酸菌には副作用が一切報告されていません。
他の薬との相互作用もないと言われています。
適量を摂取していれば、弊害もなく安全なサプリメントと言えるのです。

抗生物質や抗がん剤を長く投与することで落ちた免疫力も、
「乳酸菌の摂取で回復することができた」という実験報告も出ているくらいです。

ただ、そんな安全なサプリでも、1点気を付けるべき点があります。
乳酸菌サプリメントの中には、天然の乳酸菌だけでなく他、のビタミンやミネラルが入っている商品もあります。
乳酸菌自体に副作用はなくとも、その他の成分が、病気によっては摂取を控えた方が良いものであったり、
飲んでいる薬によっては副作用が出る可能性もあるのです。
不安な方は必ず病院で相談するようにしましょう。

たくさんの良い効果が期待出来る乳酸菌を、上手く摂ることは体内にとっても嬉しいことですからね。