乳酸サプリの摂り方

乳酸菌サプリメントは、いつでも自分が好きな時に取れますが、上手に摂取するためにはタイミングも大事です。
乳酸菌を摂るタイミングは食後一番効果があります。
乳酸菌は非常に酸に弱いと言われていますので、空腹時など強い酸が産出されている時に取ってもほとんどの乳酸菌が死滅してしまいます。
逆に食後の満腹時は、お腹の中は弱い酸が産出されているので食後に乳酸菌サプリを取ると効果が期待出来るとされています。

ですので、酸の影響を受けないように取るのがポイントとなります。
乳酸菌が体の健康に良いからといって一度に必要量以上とっても効果はなく、余分なものは体外に排出されてしまいます。
だからといって少なすぎても良くはありません。
乳酸菌の種類は多く中でもビフィズス菌が有名ですが、腸内で悪玉菌が住みにくい環境を作り、殺菌作用が強い菌です。
悪玉菌はとても強い菌なので、ビフィズス菌などでいつもバランスが取れた腸内環境を整えることが大切なのです。

また乳酸菌を摂る場合、ひとつの乳酸菌を摂るよりも複数の乳酸菌を取るとより腸内環境が整い効果があります。
お腹の中の乳酸菌を増やしいつも腸内環境を整えておきたい場合はコンスタントにサプリなど乳酸菌を取り続けることにより効果が期待できます。
ご存じの通り乳酸菌というのは、腸の働きが良くなることから便秘解消にも繋がりますので、便秘薬や下剤の代わりに摂取することも可能です。
また、病気に対して免疫力がつくので自然治癒力が高まります。

そして、乳酸菌サプリを服用する時は飲むとき水の温度にも気をつけると良いでしょう。
適温は37度前後ですが、37度前後の温度が腸内の温度で乳酸菌が繁殖しやすい温度なのです。
つまり腸内環境が整う温度となります。
逆に熱い温度で摂取してしまうと乳酸菌が熱に弱いため死滅してしまい増殖しないという問題が生じます。
他に、牛乳や豆乳は乳酸菌サプリと相性が良いと言われていますので軽く温めて摂取すると、より効果が高まるとも言われています。