乳酸菌サプリを摂り過ぎるとどうなる?

乳酸菌サプリを摂り過ぎるとどうなる?

乳酸菌はおなかの調子を整え、免疫力を上げる、とても体に良いものです。
日本人になじみの深い味噌や糠漬けなどの食品や、ヨーグルト、チーズなどにも含まれています。
ただ、毎日必要量を摂取するのは、なかなか難しいですよね。

1日に必要となる乳酸菌を食品から摂取するには、200~300グラムほど必要です。
他の食品も食べますから、ヨーグルトやチーズを毎日そんなにも食べることは現実的に難しいでしょう。
塩分過多やコレステロールの値が高くなってしまう恐れもあります。

そこで今、サプリメントを上手く使って、乳酸菌を摂取する人が増えています。
でも、気になるのは、サプリメントの摂取量です。
摂取すればするだけいいのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。
乳酸菌のサプリメントだけではありませんが、基本、過剰摂取は控えるべき。
素晴らしい効果をもっている素材でも、摂りすぎることで、逆効果になってしまうこともあるのです。

体質にもよりますが、乳酸菌サプリを過剰摂取した場合、
下痢や腹痛などの症状を引き起こす方がいらっしゃいます。
すぐに効果を得られなかったからと、1日に定められた摂取量よりたくさん摂り
一時的におなかを壊してしまった、という事例もあります。

乳酸菌は大変優秀ですが
過剰摂取したからといって、効果が高くなることも基本的にありません。
乳酸菌によって増えた腸内の善玉菌は、毎日のストレスでも減ってしまいます。
ですので、毎日適量をしっかり飲み続けることがとても大事ですね。

乳酸菌には新陳代謝を促す効果もあります。
体調維持にも摂っておきたい菌です。
だからといって、取り過ぎは禁物。バランスが大切です。
今や乳酸菌サプリメントは、コンビニやドラッグストアでも手に入ります。
体や肌に良いこと、始めてみてはいかがでしょう?