乳酸菌はニキビにいい?

乳酸菌、またはビフィズス菌は、便秘解消や肌荒れ防止にとても効果があるとして、沢山摂るようにすると良いと言われています。 腸内の悪玉菌を減らして善玉菌を増加させ、酸性に保つことにより、便秘になりにくい体作りをサポートしてくれます。

また、その過程でお肌に排出される毒素も減るので、肌トラブルの起こりにくいお肌環境も作られます。 便秘解消や美容には欠かせない乳酸菌ですが、乳酸菌の効果はまだまだあります。 実は、乳酸菌はニキビ対策にも大きな助けとなってくれるのです。 ニキビには、洗顔が不十分だったり、お肌の表面のアクネ菌が大量に分泌したりと色々な原因があります。

そして、腸内環境の不全もその原因の一つなのです。 不健康な腸内環境というのは、腸の中で悪玉菌が増加している状態のことです。 腸の中には有害ガスや腐敗物が溜まっており、有害物質が腸の粘膜を通じて全身の血液の中を巡ります。 更に、腸内の有害物質がお肌に排出されると、どうなるでしょうか。 酷い肌荒れが発生するのは勿論、ニキビが出来てしまうこともあります。

腸とニキビの関係なんてあまり聞いたことがないかもしれませんが、関係性が全くないわけではないのです。 ニキビを解消するためにも、乳酸菌をしっかり摂って、腸内の環境を整えてあげることがとても大切と言えます。 そのため、ニキビが出来やすいという方には、顔をきちんと洗ったり、生活習慣を整えたりするのと同時に、サプリメントや食品などで、乳酸菌の摂取にも気を配ることをおすすめしたいと思います。

ほとんどの乳酸菌は、胃から腸に至るまでの過程で死滅してしまうことがありますので、出来れば生きた乳酸菌を摂るように心がけると良いでしょう。 生きた乳酸菌を効率よく摂取するためには、食品から摂取するよりもサプリメントを飲む方がより安全で効果に期待が出来るかもしれません。 そして、一緒にオリゴ糖を摂るようにするとさらに効果アップに期待が持てると言われています。