乳酸菌と便秘解消について

便秘に効果の期待できる食べ物やサプリメントは多く、たくさんの種類のものが生活の知恵として知られていたり、また市場に出回っていたりしています。
その中でもヨーグルトは、特に便秘解消の効果が高いと言われています。

それでは、何故ヨーグルトには、お通じを良くする力があるのでしょうか。
キーワードは、ヨーグルトに多く含まれると知られている、乳酸菌という細菌で、ビフィズス菌と呼ばれることもあります。
乳酸菌、またはビフィズス菌こそが、便秘を解消するためのキーアイテムになってくれるのです。

乳酸菌には、腸内の環境を酸性にするはたらきがあります。
実は、便秘になる状態というのは、腸内で悪玉菌が大量に増殖している場合のことです。
つまり、便秘を防ぐには、腸の中の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やすことにより、腸内環境を酸性にしなければならないのです。
その力があるヨーグルトだからこそ、お通じに良いと昔から言われてきたのです。

ただ、ここで注意してほしい点が一つあります。
それは、乳酸菌が便秘解消に効くからといって、やみくもにヨーグルトやチーズ、お漬物などをたくさん摂取すれば良い、ということではないからです。
確かにヨーグルトやチーズ、お漬物などの食品には乳酸菌がたっぷり入っていますが、摂取の仕方によっては効果を台無しにしてしまう危険性があります。

というのは、乳酸菌を口から摂取した後、胃を通じて腸に至るまでに、多くの乳酸菌は死滅してしまうからです。
主に胃酸の影響を受け、食品内の乳酸菌のほとんどは死んでしまいます。
そのため、食品の中の乳酸菌の効力を最大限に生かすには、もともと生きた健康な乳酸菌の含まれているものを摂ると良いでしょう。

細菌では、生きた乳酸菌を配合したヨーグルトが、インターネットの通販などで見つけやすくなりました。
また、乳酸菌を死滅させずに調理をするのが不安なら、サプリメントで補給するという手段もあります。
ご自分に合った方法を選び、スッキリした生活を送られてください。