乳酸菌と肌荒れ改善との関係

乳酸菌、またはビフィズス菌とは、便秘解消に素晴らしい効果があるとして、昔からよく知られている細菌です。
ヨーグルトやチーズ、お漬物、そしてサプリメントなどで、気を付けて摂取している人も多いことでしょう。
しかし、乳酸菌には便秘解消以外にも女性にとってはうれしい効果があるのです。
その嬉しい効果というのは肌荒れ防止効果と言われています。

実は、便秘とお肌のコンディションには、とても深い働きがあります。
便秘になる状態というのは、腸内で悪玉菌が増殖している環境のことで腸の中では腐敗物や有害なガスが発生しています。
そしてこれらの腐敗物や有害ガスが腸の粘膜を通じて全身を巡り、さらに皮膚へと排出されるようになると、これが肌荒れの直接原因となります。
ニキビが発生したり、炎症が出たりと、腸だけでなくお肌まで不健康になってしまうのです。

昔から、美容の専門家や、また言い伝えとして、便秘は美容の大敵といわれてきましたが、それにはこんな理由があったのです。
確かにお通じが悪い日というのは、顔色が悪く肌トラブルが起こりがちです。
逆にお通じが良く、腸の中がきれいな日には、お肌のトーンが明るく、生き生きとしています。
腸内環境を健康に保ち、肌荒れを防止するには、やはり乳酸菌をたくさん摂取し、便秘を解消するのが肝心です。
乳酸菌は身近な食品にも多く含まれているため、日常生活に取り入れていくのは比較的簡単です。

ただ、注意が必要なのは、乳酸菌のほとんどは、腸に到着するために死滅してしまうことです。
食道を通って胃に至り、さらに腸に届くのですが、胃酸の影響で、乳酸菌の効力が著しく鈍ってしまうのです。
乳酸菌の力を本当に活かすには、生きた健康な乳酸菌を摂取することが大切です。
細菌では、生きた乳酸菌を配合したヨーグルトや、乳酸菌をぎゅっと濃縮したサプリメントが沢山あるので、それらを利用するのも良いでしょう。
一緒にオリゴ糖も摂るようにするとさらに効果的です。