カゴメ、植物性乳酸菌「ラブレ」について

腸内環境を整え、美肌にも効果的な乳酸菌ですが、現在私の周りの業界関係者の間でも、乳酸菌がもたらす効果に注目が集まっています。
ヨーグルトやチーズ、和食でもおなじみの納豆や味噌に含まれていますが、もし食物から1日に必要な量を摂取するとしたら、200グラム~300グラムは食べる必要があるそうです。
特に味噌は塩分も多く含まれていますし、チーズはコレステロールなどの心配もあります。

ですが、毎日ヨーグルトを300グラムも食べるのは大変です。
忙しい現代人の体を整える手伝いをするため、今、乳酸菌のサプリメントや飲料の種類が増えています。
その中でもカゴメから販売されている植物性乳酸菌ラブレは大変優秀な乳酸菌飲料なのです。
ではどのような商品なのか、ご紹介します。

乳酸菌には大きく分けて、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌の2種類があります。
植物性乳酸菌は塩分や酸などに強く、それに比べると動物性乳酸菌はその力が弱いと言われています。
人間の胃や腸は酸性の消化液を分泌していますから、植物性乳酸菌の方が、より腸まで生きて届きやすいのです。

カゴメから販売されている植物乳酸菌ラブレには、京都の伝統的な漬物であるすぐき漬けから発見されたラブレ菌を使用しています。
種類もプレーンやLight、フルーツ&ヨーグルト、Light1日分の鉄分の4種類が発売されていますので、毎日飽きることなく手軽に乳酸菌を摂取することが出来ます。

また、私が学んできた事の中で大事なのは、乳酸菌は継続して摂取することが大事、ということです。
なぜなら腸内環境を整えることの出来る善玉菌は、ストレスや過労によってどんどん減少していってしまうからです。
この善玉菌を活性化させ、増やすには、やはり乳酸菌を積極的に取り入れることが一番効果的と言えるでしょう。
野菜や肉・魚をバランスよく食べ、更に植物性乳酸菌ラブレで乳酸菌を摂取する、このように上手に体を気遣っていきたいですね。