キリン・協和発酵バイオ「プラズマ乳酸菌」はどう?

免疫力を高めたり、腸内環境を整える効果で今話題の乳酸菌ですが、サプリメントや飲料など、様々な商品が発売されています。
私の周りの業界関係者の間でも、どんな種類があって、どんな効果があるのかと話題に上がる位、大変注目を集めているのです。
沢山の優秀な商品の中から、今回はキリンから販売されているサプリメント、協和発酵バイオプラズマ乳酸菌についてご紹介したいと思います

プラズマ乳酸菌はキリンと小岩井乳業が共同で発見した、新しい乳酸菌です。
私達の体中には、ウイルスと戦う免疫細胞の中で司令塔の役割を果たす、pDCピー・ディー・シーという細胞が存在しているのですが、プラズマ乳酸菌はpDCを活性化させる働きがあります。
免疫細胞が元気になることで、風邪を引きにくい体を手に入れることが出来るのです。

そんなプラズマ乳酸菌を使用したサプリメント、協和発酵バイオプラズマ乳酸菌は通信販売限定の商品です。
守るチカラ、と名付けられたこの商品ですが、1日4粒を目安に飲むことでその効果を発揮すると言われています。

薬ではなく食品ですので、食前や食後など摂取する時間帯も決められていませんし、毎日無理なく続けることが出来ます。
他の薬との飲み合わせでも特に心配することはありません。
もし心配だったら病院で相談したらいい、という程度ですので、どんな人にも安心です。

更に、協和発酵バイオプラズマ乳酸菌には、オリゴ糖も含まれています。
オリゴ糖にも腸内細菌を元気にする働きが知られていますので、ダブルの効果が期待できると言えるでしょう。

そして乳酸菌は、毎日、適量に摂取するのが一番効率良いと言えます。
理由としましては、日々のストレスや加齢でも腸内の善玉菌は減ってしまいますから、やはり継続して取り入れていくことがとても大切なのです。
また、協和発酵バイオプラズマ乳酸菌は、1世帯につき1回限り普段より安い価格でお試し注文をすることも出来ますので、この機会に試してみてはいかがでしょうか。