クレモリス菌FC株について

クレモリス菌FC株

腸内環境を整え肌にも優しいという乳酸菌には、様々な種類があります。
今回はクレモリス菌FC株についてご紹介します。

クレモリス菌はカスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。
正式な学名は、Lactococcus lactis subsp. cremoris FC
(ラクトコッカス ラクティス サブスピーシーズ クレモリス エフシー)と言います。

クレモリス菌は、国内のヨーグルトにはほとんど含まれていません。
乳製品に含まれる乳酸球菌の中では、唯一生きて大腸まで届くことが明らかにされていて
業界関係者の間でも、大変な注目を集めています。

カスピ海ヨーグルトを食べたことがある方は、日本のヨーグルトでは味わえない
粘りがあることをご存じだと思います。
クレモリス菌FC株には、独特の粘りを作るEPSエキソ ポリ サッカライド、菌体外多糖
という成分を生み出す力があるのです。

その粘り成分の元となるEPSは、人の胃液や腸液などの消化酵素によって
分解されないことが知られています。
人の胃や腸は、食物を消化するために強い酸性の液体を分泌しますので
普通の乳酸菌は、その酸によって大腸に届くまでに、ほとんどが死んでしまいます。
でも、EPSは分解されないから、生きたまま腸まで届きやすいのです。

クレモリス菌FC株には整腸作用や免疫力向上の他にも、
「血糖値の急激な上昇の抑制」「インフルエンザ予防」「中性脂肪の低下」など
たくさんの効果が期待できると言われています。

また、腸内に留まりやすいことでも知られています。
実際にカスピ海ヨーグルトの摂取試験では、ヨーグルトを摂取している期間はもちろん
ヨーグルトを食べるのを止めてから2週間経った後でも
体内からクレモリス菌FC株が検出された方もいた。
そんな調査結果も出ています。

ただ、寝不足やストレスでも体内の良い菌は減ってします。
毎日適量ヨーグルトなどを摂取することが、大切だということですね。
あなたもカスピ海ヨーグルトを一度試してみませんか?。