ビフィズス菌について

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、ご存知の通り私達の腸の中に住んでいる菌です。
糖を分解し、乳酸と酢酸を作り出しています。
腸の中に住む善玉菌ですので、私達の健康に様々な効果があります。

代表的な役割は、人の体に害を及ぼす悪玉菌を排除し、善玉菌を増やすこと。
悪玉菌を減らすことで、整腸作用が促され、食べ物の消化吸収が高まります。

また、ビフィズス菌は非常に強い殺菌力がある酢酸を作り出すため、
発がん物質などの有害物質の排出を促し、免疫力が強まり、病気になりにくい体を作ってくれます。

さらに、ビフィズス菌は美肌などにも効果を期待することが出来ます。
腸の中のビフィズス菌は、腸のせん動運動を促し、便秘解消に効果があります。
便秘が解消されることで、お肌の有害物質が排出。
活性酸素などの老廃物も抑制されます。

毎日飲むヨーグルトやヤクルトなどでビフィズス菌をとり続けていると、
お肌の保湿が保たれ、美肌がキープできそうですね。

しばしば、乳酸菌とビフィズス菌が混同されます。
でも、二つは別々の菌です。

どちらも善玉菌です。
免疫力が高まるなど作用や、身体に良いことにも違いはありません。
ただ、乳酸菌は乳酸菌だけを作り出すのに対して、ビフィズ菌は乳酸菌と酢酸も作り出します。

また、菌が住んでいる場所にも多少違いがあります。
乳酸菌は体の中全体に存在しているのに対して、ビフィズス菌は大腸の中にいます。
乳酸菌は、腸に長く住み続けることが出来ない菌なのです。
だから毎日ヤクルトなどで乳酸菌を補ってあげる必要があります。

一方のビフィズス菌は、大腸にもともと住んでる菌です。
なくなるというようなことはありません。
両者を細かく比較すれば、違いが良くわかります。

体の外からサプリなどで補った菌は、体の外に排出されてしまいます。
なので、腸内環境を良好に保つには、継続的に摂り続けることが、最も効果に期待ができます。