ラブレ菌について

最近体にいいと話題の乳酸菌には、様々な種類があることをご存じでしょうか。
今回は乳酸菌ラブレ菌についてご紹介します。

乳酸菌は大きく分けて、ヨーグルトやチーズなどに含まれる動物由来の乳酸菌と、お漬物や味噌、納豆などの、日本の発酵食品に含まれる植物由来の乳酸菌に分けられます。
ラブレ菌は京都生まれで、1993年にルイ・パストゥール医学研究センターの故・岸田綱太郎博士が、すぐき漬けという、京都の伝統的な漬物から発見しました。
正式名称は、ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランスと言います。

人間の胃や腸は食べ物を消化・吸収するために、酸性の胃液、腸液を分泌しています。
そして通常ほとんどの乳酸菌は腸で活躍する前に、この酸によって死んでしまいます。
しかし、塩分や酸度の高い環境で生き抜く強さを持っているラブレ菌には、体内の酸に負けず生きたまま腸に届き、免疫力を高める効果があるのです。

腸に到達したラブレ菌は、腸内に留まるという特徴も持っていることを考えると、本当に優秀な菌です。

ラブレ菌は、腸の中でリンパ球を刺激してインターフェロンαというタンパク質を作らせます。
インターフェロンαには、がん細胞やウイルスに感染した悪い細胞を排除する働きのある、ナチュラルキラー細胞NK細胞などを活性化させる力があります。
インターフェロンα自体にも、抗ウイルス作用や抗がん作用などの働きがあると言われていますので、ラブレ菌を摂取することで、免疫力を向上させることができるというのが専門家としての意見です。
1か月間、錠剤でラブレ菌を摂取した方の10名中8名のNK細胞が活性化された、という事例も実際に目にしてきました。

また、ラブレ菌にはC型肝炎やウイルス性疾患などを改善してくれる利点もあると言われています。
コレステロール値を下げる効果やアレルギーを抑制する効果も持っていますので、漬物で摂取する場合は塩分に気を付けながら、毎日適量取り入れていきたいものです。