腸内の環境を改善するために必要なこととは?

人間の中にたくさんいる腸内細菌

人間の腸である大腸や小腸の中には、たくさんの腸内細菌が存在しています。
その数100兆個とも言われていて、数の方も100種類以上いると言われていますね。
これらの数の腸内細菌が善玉菌や悪玉菌と呼ばれてるものであり、腸内の中でさまざまな役割を果たしているのですよ。

100兆個という数の腸内細菌ですから、その重さは1キロもあるそうで、体の形成には欠かせない存在とも言えるかもしれませんね。
人間が生まれる前の時は、ほぼ無菌のような状態なんですが、母親から通じて菌が感染して、腸内細菌が増殖していると言われていますよ。

生まれる前から感染して腸内細菌が増えたら、体に悪いかと言われれば、悪玉菌もいますが、体に必要な善玉菌もありますから、このバランスを保てば何も問題はないのでしょうね。
逆に体の免疫力を上げてくれたり、腸の働きを良くしてくれたりしますから、この菌があった状態の方が良いのでしょうね。

人間の体は不思議なもので、体の中にこのような良い働きもしてくれる微生物がたくさん存在しているのです。

便秘になると悪い腸内細菌が増える

便秘になると、悪玉菌と呼ばれるクロストリジウム等の腸内細菌が増えると言われていますよ。

この腸内細菌である悪玉菌が増えると有害物質を発生させるだけではなく、毒素も発生させますよ。
便秘が続くという事は、これらの有害物質を体外に排出させる事ができていないという事で、有害物質を腸壁から体内に吸収してしまい、血液で全身に巡ってしまうのですよ。
もちろん健康にも悪影響が出てきますし、美容にも悪いですので、悪い腸内細菌が増えないように、便秘には気を付けて欲しいと思いますね。

便秘になる原因は色々ありまして、日頃から運動していないとか、食物繊維をあまり摂っていない等の理由がありますよ。
ダイエットのためにあまりご飯を食べないという方も注意で、食べる量が少ないと便の量も減ってしまい、溜まるまで便が体外に排出されない場合や宿便になってしまう場合もありますよ。
腸で溜まった便は、腐敗して有害物質を発生させますし、悪い腸内細菌も増殖してしまいますから、健康や美容のためにも便秘には気を付けて下さいね。

食物繊維が不足していると感じたらやっぱり野菜を摂りたいところ。
ただ野菜といってもどの野菜がいいかはいろいろありますが、食物繊維の多い野菜でかつ、有機野菜がいいでしょう。
とはいっても近くのスーパーに売っていないこともあります。
そういった場合には通販を利用するといいでしょう。

腸内細菌には日和菌という勢力が存在

腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌の2種類ではなく、まだもう一つ大きな勢力が存在していますよ。

その勢力とは日和菌と言われるもので、腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌だけではなく、そのどちらにも属さない存在であり、普段は何も悪さをしませんよね。
しかし、その名前のように日和っていて、悪玉菌が多く優勢の状態なら、そちら側について、悪い働きをするのですよ。

このバランスを崩さないようにするためにも、乳酸菌を摂取して、常に善玉菌を優勢した状態にしないといけないのですよ。
乳酸菌をたくさん取り入れる事で、善玉菌を助ける事になりますし、少しでも悪玉菌が優勢していると同じように毒素や有害なものを出します。
常にバランスを意識しておきたいですね。

日和菌は、腸内細菌の中で一番数が多いですから、善玉菌を増やすように考えて、食生活に気を付けましょうね。
善玉菌は、ストレスを感じたり、疲労したりすると、その数は減って来ます。
食生活と同時に普段からの生活も大事になってきますよ。