ぬか漬けと乳酸菌の関係

乳酸菌、あるいはビフィズス菌は、腸内環境を健康に保つには欠かせないアイテムです。
お通じを良くしたり、肌荒れやニキビを防いでお肌を若々しく保ったりと、色々な効能があります。

乳酸菌は、ヨーグルトやキムチ、そして漬物などに多く含まれていると言われています。
ただ、ヨーグルトに含まれる動物性乳酸菌は、腸に届くまでにその量が減ってしまうことがあります。
胃酸の影響を受けることがあるためです。
一方の植物性乳酸菌の豊富な漬物ですが、漬物は加工の際に塩を大量に使い、その影響で乳酸菌を劣化してしまうおそれがあります。

味付けに唐辛子を用いるキムチや、優良な乳酸菌を用いるカスピ海ヨーグルトが、今のところ無難な選択のようです。
しかし、キムチやカスピ海ヨーグルトの他にも、良質の乳酸菌を大量に摂取できる食べ物があります。
良質の乳酸菌を大量に摂取できる食べ物とは、ぬか漬けです。

先ほど、塩を大量に用いる漬物は、乳酸菌の量が減っているおそれがある、と書きました。
しかし、ぬか漬けの場合、漬けこむときに塩よりも米ぬかを多く使うので、普通の漬物よりも安全、ということなのです。

ぬか漬けに使われるぬか床は、米ぬかと水、塩、さらに昆布などを用いて作られます。
野菜の表面の乳酸菌には、ぬか床に含まれる塩分によって大量繁殖する性質があります。
この過程によってぬか漬け独特の風味が生み出されるのですが、何と乳酸菌まで活性化されるなんて、驚くべきことだと思います。

ぬか漬けの乳酸菌は植物由来なので、胃酸による消滅を気にせず摂取することが可能です。
カスピ海ヨーグルトやキムチと同じく、乳酸菌を摂取するには最高の食品なのです。

ぬか漬けは家庭で作るのは難しいと言われていますが、最近ではぬか漬けを簡単に作れるキットが多く出回っています。
また、ぬか漬けを自分で作るのが不安なら、お店で購入するのも良いかと思います。
日本に古くから伝わる味を楽しみつつ、便秘解消やスキンケアも出来るなんてとても素敵だとは思いませんか。