キムチと乳酸菌について

乳酸菌、またはビフィズス菌は、主に便秘解消に役立つ細菌として有名です。
お通じを良くするために、乳酸菌を多く含む食品として知られるヨーグルトを、毎日食べたり飲んだりしている人はとても多いでしょう。

ですが、乳酸菌の働きは、便秘解消だけではありません。
乳酸菌には、腸内に善玉菌を増やし、腸内環境を酸性にする働きがあります。
腸が不健康なとき、腸の粘膜から全身の血液に老廃物や有害ガスが排出されるのを防ぎます。
上記に挙げた有害物質がお肌に排出されると、肌荒れや吹き出物の原因となりますのでとても重要なポイントです。

さて、この乳酸菌は、ヨーグルトに多く含まれているのですが、他にも乳酸菌が豊富な食品が存在します。
ちょっと意外かもしれませんが、乳酸菌が豊富な食品はキムチです。

あまり知られていませんが、キムチは乳酸菌を摂取するには最高の食品です。
何故なら、キムチには、1グラム当たり8億個もの、膨大な量の乳酸菌が含まれているからです。
普通のお漬物にも乳酸菌は含まれていますが、キムチのそれはずっと多いと言われています。

では、なぜキムチに含まれる乳酸菌は、こんなに多いのでしょうか。
理由は、キムチに使われる唐辛子にあります。
普通、お漬物を作るには、多くの塩が使われてます。
しかし、塩分は乳酸菌を死滅させることがあるのです。
その反面、味付けに唐辛子を使うキムチは、塩の使用量を大幅に下げることが可能なのです。
すなわち、乳酸菌がたっぷり含まれる環境が整っていると言えます。

また、このように大量で質の良いキムチの乳酸菌ですが、植物性であるのも嬉しいポイントの一つです。
実は、多くの動物性の乳酸菌は、胃を通り、腸に到着するまでの間、胃酸の影響により劣化してしまうことがとても多いです。
反対に植物性の乳酸菌なら、胃酸の影響を受けることなく、しっかり腸に届くことができます。
こうした意味からも、乳酸菌を摂取するためにはキムチがおすすめです。