乳酸サプリに副作用はあるのか?

乳酸サプリに副作用はあるのか?

おなかの調子を整え、新陳代謝を促す等、体に良いことで有名な乳酸菌。
意識をして摂取している方も増えているのではないでしょうか。

ヨーグルトやチーズ、他にも日本の食品でしたら、味噌や糠漬けなどに含まれることが有名です。
こういった食品から1日に必要な量を摂取しようとすると、200~300グラムほど必要になります。
例えば「ヨーグルトを300グラム摂取する」、というのは、考えてみると結構多い量です。

では、乳酸菌を効率よく摂取するにはどうしたらいいのでしょうか。?
簡単に続ける方法に、乳酸菌サプリメントを利用する方法があります。
出来れば食品からバランスよく摂取できればいいのですが、
普段の生活では、なかなか難しいこともありますよね。
その様な時、補助してくれるものがサプリメントです。

業界関係者の間でも、乳酸菌サプリメントは大変注目されています。
しかし、サプリメントと言えば気になるのが副作用です。
乳酸菌サプリメントには、どんな副作用があるのでしょう?

実は、乳酸菌には副作用が一切報告されていません。
他の薬との相互作用もないと言われています。
適量を摂取していれば、弊害もなく安全なサプリメントと言えるのです。

抗生物質や抗がん剤を長く投与することで落ちた免疫力も、
「乳酸菌の摂取で回復することができた」という実験報告も出ているくらいです。

ただ、そんな安全なサプリでも、1点気を付けるべき点があります。
乳酸菌サプリメントの中には、天然の乳酸菌だけでなく他、のビタミンやミネラルが入っている商品もあります。
乳酸菌自体に副作用はなくとも、その他の成分が、病気によっては摂取を控えた方が良いものであったり、
飲んでいる薬によっては副作用が出る可能性もあるのです。
不安な方は必ず病院で相談するようにしましょう。

たくさんの良い効果が期待出来る乳酸菌を、上手く摂ることは体内にとっても嬉しいことですからね。

乳酸菌サプリを摂り過ぎるとどうなる?

乳酸菌サプリを摂り過ぎるとどうなる?

乳酸菌はおなかの調子を整え、免疫力を上げる、とても体に良いものです。
日本人になじみの深い味噌や糠漬けなどの食品や、ヨーグルト、チーズなどにも含まれています。
ただ、毎日必要量を摂取するのは、なかなか難しいですよね。

1日に必要となる乳酸菌を食品から摂取するには、200~300グラムほど必要です。
他の食品も食べますから、ヨーグルトやチーズを毎日そんなにも食べることは現実的に難しいでしょう。
塩分過多やコレステロールの値が高くなってしまう恐れもあります。

そこで今、サプリメントを上手く使って、乳酸菌を摂取する人が増えています。
でも、気になるのは、サプリメントの摂取量です。
摂取すればするだけいいのでしょうか?

もちろん、そんなことはありません。
乳酸菌のサプリメントだけではありませんが、基本、過剰摂取は控えるべき。
素晴らしい効果をもっている素材でも、摂りすぎることで、逆効果になってしまうこともあるのです。

体質にもよりますが、乳酸菌サプリを過剰摂取した場合、
下痢や腹痛などの症状を引き起こす方がいらっしゃいます。
すぐに効果を得られなかったからと、1日に定められた摂取量よりたくさん摂り
一時的におなかを壊してしまった、という事例もあります。

乳酸菌は大変優秀ですが
過剰摂取したからといって、効果が高くなることも基本的にありません。
乳酸菌によって増えた腸内の善玉菌は、毎日のストレスでも減ってしまいます。
ですので、毎日適量をしっかり飲み続けることがとても大事ですね。

乳酸菌には新陳代謝を促す効果もあります。
体調維持にも摂っておきたい菌です。
だからといって、取り過ぎは禁物。バランスが大切です。
今や乳酸菌サプリメントは、コンビニやドラッグストアでも手に入ります。
体や肌に良いこと、始めてみてはいかがでしょう?

乳酸菌サプリの乳酸菌は、生きたまま腸に届くのか?

乳酸菌サプリの乳酸菌は、生きたまま腸に届くの?

現在でも乳酸菌が話題に上り、注目を集めています。
乳酸菌が健康に効果的だと言われるのは、生きたまま腸に届き、
乳酸菌が死滅した後でも悪玉菌を抑え有害物質を減少させるためです。
また、乳酸菌は体の健康にとって効果がある働きをしてれます。

乳酸菌が生きたまま腸に届くと、ブドウ糖や乳糖が分解され乳酸ができますが、
腸の中で乳酸菌が増えると、腸の中は酸性に変わります。
酸性になると悪玉菌が減少し、腸内環境が整い体の健康に効果敵です。
体の健康を維持していく栄養素は、他にもたくさんあります。
中でも乳酸菌は、必要不可欠の栄養素です。

毎日取り続けていると、腸内環境は整い健康維持に効果が期待できます。
ですので、乳酸菌を生きたまま腸まで届けることが大切です。
乳酸菌は体の外に排出されるものなど、様々な種類があります。
生きたまま腸に届く乳酸菌だけとは限りません。
乳酸菌は、熱やpHによって本来の効果が低下するので、
ヨーグルトなど乳製品を買った場合、保存方法には注意する必要があります。

乳酸菌を生きたまま腸に届けるために、食品などは加熱せずそのまま食べることで効果があります。
一番手っ取り早く、誰にでも馴染んで食べられているものがヨーグルトです。
ヨーグルトは体の健康にいいだけでなく、便秘解消にもなって、美容にも効果があります。
便秘解消に良く、美肌にも効果的なことは、すでにご存知かもしれませんね。

ヨーグルトには、カルシウムやリンが含まれています。
だから、イライラなど神経系にも作用し、骨も丈夫に。
ということで、よく牛乳と比較されます。
牛乳が優れた栄養素を含むのは言うまでもありませんが、
ヨーグルトはドロッとしているので胃の中をゆっくり通過します。

そのため栄養分の吸収率は牛乳よりも優れているのが特徴です。
気軽にいつでも、乳酸菌を摂取できるサプリメントも効果に期待が持てます。

乳酸サプリは低カロリー?

私たちは腸内に住む沢山の細菌とともに生活しています。
いわゆる善玉菌や悪玉菌、日和菌と一般的に言われているものです。

善玉菌が多く腸内に増殖していて悪玉菌が極力少ない状況が健全と言われる状態です。
もうご存知の方も多いかと思いますが、善玉菌を増殖させるのに良いとされるものが乳酸菌と言われています。

善玉菌は加齢や食生活や運動不足などで減少していくため、どうしても善玉菌にとって力を与える乳酸菌を多く摂ることが、正常な腸の働きを保つためには必要になります。
悪玉菌を減らし善玉菌を活性化させることによって、免疫力を高め、私たちの身体そのものを癌などの病気から守ってくれます。
また、ウイルス感染やアレルギーといったものから受けるダメージも改善してくれます。

その上整腸効果でスムーズな排便に繋がります。
経験者からの意見としては、乳酸菌の摂取には味噌だったり漬物だったりヨーグルトといった発酵食品の乳酸菌が、一番摂取しやすい食品だと思っています。
みなさんも市販のヨーグルトなど、気遣って食べられる方も多いと思いのではないでしょうか。

しかし、乳酸菌は胃液や熱弱いのでせっかく摂取しても全部腸に届くという訳にはいきません。
その点最近の乳酸菌サプリメントは、とても優れており普通ヨーグルトで採る乳酸菌の何倍もの乳酸菌を生きたまま腸に届くように作られています。
そしてカロリーもヨーグルトなどの食品とは違い、1日分1~3カロリー程度となっており何より嬉しい点としてはも低カロリーな事です。

先ほども言いましたが、味噌や漬物、ヨーグルトといった発酵食品の乳酸菌は確かに摂取しやすい食品といえますが、1日どんなに低カロリーを謳ったヨーグルトでも50カロリー以上は覚悟しなくてはいけません。
ですが、乳酸菌サプリメントは、その何十倍も低いカロリーで1日分の、それも生きた乳酸菌を腸内に届けられるのですから、乳酸菌サプリメントの活用には大きな期待が持てます。

 

乳酸菌サプリ、妊婦は大丈夫?

乳酸菌サプリメントは、基本的に食品から出来ていますので妊婦さんでも問題は無く摂取出来ると言われています。
ですが、メーカーによっては胎児に少なからず影響のある成分が含まれている場合もあるかもしれませんので、絶対に大丈夫とは言い切れません。
そこで、服用に関して分からない成分が含まれていたり少しでも不安のある方は、メーカー側にに直接問い合わせるか、医師に相談することをおすすめします。

妊娠すると便秘がちになってしまう妊婦さんも多いのではないでしょうか。
市販の下剤や便秘薬は、お腹の中の赤ちゃんへの影響を考えると服用することができないと言われる方も多くいます。
ですが、乳酸菌サプリは基本的に妊婦さんでも安心して服用できます。
乳酸菌サプリの服用は、お腹の中の赤ちゃんへの影響は、アレルギーに対して免疫力が付くなどいい影響を期待することも出来ます。

ただ、食事しないでサプリメントだけに頼るというのは妊婦さんにとってもお腹の中の赤ちゃんにとっても良くありません。
毎日の食事をきちんと取ることが基本で、バランスが取れた食事をした上で乳酸菌サプリメントを服用することをおすすめします。
妊娠中の薬の服用は特に気を使いますが、実際には乳酸菌サプリやオリゴ糖や漢方薬を服用している妊婦さんはとても多くいらしゃいます。

便秘は、普通に健康な人でも妊婦さんでも辛いものがあり、そのまま放っておくと肌荒れなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。
常備薬代わりに乳酸菌サプリをいつも備えておくのもいいでしょう。
おやつにヨーグルトやヤクルトなどもいいです。

結論から言いますと妊産婦のサプリ服用は、これといって大きな問題がなく、かえってサプリの服用は歓迎されていますが、一方で慎重な意見があるのも事実です。
サプリメントの安全性が証明されていないメーカもあるため、はっきりした有用性がない商品については妊婦さんが口にするのは避けるべきです。

乳酸サプリの摂り方

乳酸菌サプリメントは、いつでも自分が好きな時に取れますが、上手に摂取するためにはタイミングも大事です。
乳酸菌を摂るタイミングは食後一番効果があります。
乳酸菌は非常に酸に弱いと言われていますので、空腹時など強い酸が産出されている時に取ってもほとんどの乳酸菌が死滅してしまいます。
逆に食後の満腹時は、お腹の中は弱い酸が産出されているので食後に乳酸菌サプリを取ると効果が期待出来るとされています。

ですので、酸の影響を受けないように取るのがポイントとなります。
乳酸菌が体の健康に良いからといって一度に必要量以上とっても効果はなく、余分なものは体外に排出されてしまいます。
だからといって少なすぎても良くはありません。
乳酸菌の種類は多く中でもビフィズス菌が有名ですが、腸内で悪玉菌が住みにくい環境を作り、殺菌作用が強い菌です。
悪玉菌はとても強い菌なので、ビフィズス菌などでいつもバランスが取れた腸内環境を整えることが大切なのです。

また乳酸菌を摂る場合、ひとつの乳酸菌を摂るよりも複数の乳酸菌を取るとより腸内環境が整い効果があります。
お腹の中の乳酸菌を増やしいつも腸内環境を整えておきたい場合はコンスタントにサプリなど乳酸菌を取り続けることにより効果が期待できます。
ご存じの通り乳酸菌というのは、腸の働きが良くなることから便秘解消にも繋がりますので、便秘薬や下剤の代わりに摂取することも可能です。
また、病気に対して免疫力がつくので自然治癒力が高まります。

そして、乳酸菌サプリを服用する時は飲むとき水の温度にも気をつけると良いでしょう。
適温は37度前後ですが、37度前後の温度が腸内の温度で乳酸菌が繁殖しやすい温度なのです。
つまり腸内環境が整う温度となります。
逆に熱い温度で摂取してしまうと乳酸菌が熱に弱いため死滅してしまい増殖しないという問題が生じます。
他に、牛乳や豆乳は乳酸菌サプリと相性が良いと言われていますので軽く温めて摂取すると、より効果が高まるとも言われています。

乳酸サプリを摂るのにいいタイミングは?

乳酸菌を含んでいる食品は、ヨーグルトやチーズ、キムチなどの食品から摂取するのが良いと言われていますが、合わせて乳酸菌サプリを取ると更に効果的に期待が持てます。
一般的にどの様なサプリメントでも食後に摂るのが良いとされていますが、乳酸菌のサプリメントも同じように食後に取ると良いと言われています。
空腹時に摂取すると軽い吐き気を起こす事は時々目にする光景ですが、薬ではないので副作用を起こすことはありません。
だかと言って摂ればとるほど効果があるというものではありませんので、一日の摂取用量を守って服用するようにしましょう。

乳酸菌サプリは食後に服用するのが良いという理由には二つあります。
一つは食後に生じた悪玉菌を体外に排出出来ることと、酸が出来るため悪玉菌が増えない環境を作り出せるからです。
また、胃酸は空腹時は強い胃酸が発生し、満腹時は弱い胃酸が発生します。
乳酸菌は酸に弱いので、生きたまま腸に届けるのには食後が適しているのです。
しかし今では乳酸菌サプリの研究開発が進み生きた乳酸菌が腸へ届けるための酸に強い特殊加工されてたサプリが販売されていますので、そこまで摂取タイミングに強くこだわる必要はないかと思います。

そして、もうひとつの理由ですが、サプリメントというのはあくまでも補助食品ですので、継続して摂取することで効果を実感することが出来ます。
即効果が出るというものではないので続けて摂取することが大事です。
また、食事と一緒に摂取するのも効果が期待できます。

特にオリゴ糖や野菜などの食物繊維と一緒にとるのが良いと言われていますが、オリゴ糖や食物繊維は乳酸菌のえさとなってくれるため、しっかり食べた後で乳酸菌サプリを摂ることで相乗効果ができ更に効果に期待が持てるのです。
サプリメントの種類によっては、夜寝る前に飲むと効果があるものもありますが、長期間続けて毎日同じ時刻に必要量を摂取することも大事です。

乳酸サプリはアレルギーに?

近年ではアトピーなどアレルギー症状に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。
アレルギーには食べ物アレルギーや植物アレルギー、動物アレルギー、金属アレルギーなどさまざまな種類のアレルギーがあり、アレルギー症状を緩和する薬の開発やグッズなども多数販売されていますが、乳酸菌がアレルギーに効果があるのをご存知でしょうか。

アレルギーは免疫機能低下によっておこりますが、乳酸菌は腸内の免疫機能を向上させるという働きがあります。
特に乳酸菌の中で注目されているのは、ラクトバチルス・アンドフィルスとビィフィズス菌です。
アレルギーに効果がある乳酸菌が配合された乳飲料やサプリなどの商品は、研究開発によって多数販売されています。

乳酸菌飲料を服用すればアレルギー症状が緩和されるのかと言うとアレルギー症状の程度にも個人差があるので、必ずしもアレルギー症状がよくなるとはいえませんが、免疫力が向上するのは確かなことなのです。
私の経験から見解しますと、長期にわたってとり続けることで効果を期待することが出来ます。

やはり腸内の乳酸菌が少ないと、病気に対する抵抗力が弱まり病気になりやすくなりアレルギー症状が緩和されるどころかひどくなることさえ考えられます。
アレルギー体質が酷くなるばかりでなく、リウマチ、風邪などウイルス性疾患の症状が悪化します。腸内の乳酸菌が少なくなると、ビタミンが不足することにつながり、代謝機能低下にともない肌のターンオーバー機能も低下するのです。
また、食べ物の消化なども悪くなり、便秘になりがちで肌荒れなどの肌トラブルが多くなり、結果美肌効果をを期待することができなくなります。

上記に挙げた困った症状などは、腸内に乳酸菌が減少することで、腸特有のせん動運動が不活発化によって引き起こされる症状です。
特にアレルギー症状が起こる原因は、腸内の乳酸菌不足だけでなくストレスや生活習慣なども関係していることから、腸内環境を良くするだけでは症状を完全によくすることはできませんので、ストレス発散と合わせて、乳酸菌サプリを上手に利用しましょう。