善玉菌について

善玉菌

私達の腸の中には、約500種類以上もの菌が住んでいます。
その菌の中には、善玉菌と悪玉菌がいます。
一般的に、私達の健康に効果がある働きをしてくれるものが善玉菌。
逆に健康に害を及ぼす菌は悪玉菌と呼ばれています。

良く知られている善玉菌には、乳酸菌やビフィズス菌やブルガリア菌などがあります。
善玉菌は糖をえさに増殖し、悪玉菌を除去する働きもあって、健康が保たれているのです。

腸内の悪玉菌・善玉菌のバランスが取れている時は、健康を維持していますが
悪玉菌が増えると、健康も崩れがちになります。
あまりに酷い便秘解消などには、善玉菌であるアシトフィルス菌が
大きな効果をもたらしてくれると、専門家達の間でも言われています。
あまり聞きなれない菌ですが、ビタミンや食物繊維がプラスされると、さらに効果が高まるそうです。

善玉菌の腸内での働きは、健康への効果が大きく
病気に対する抵抗力や免疫力が付くだけでなく、老化防止、美肌維持にも効果的と言われています。

一般的に腸内の善玉菌は、慢性的な便秘にいいので、善玉菌を増やしたいですね。
そのためには、毎日継続して乳酸菌が含まれているヨーグルトやヤクルトなどを取ることが大切になります。

また、腸内の善玉菌を増やす食品には、副作用がありません。
赤ちゃんからお年寄りまで安心して摂ることが出来ます。
出来る限り毎日の食事メニューにも、乳酸菌が含まれている食品を取り入れましょう。
たとえば海藻類やイモ類、きのこ類などの食物繊維は、腸の中で分解されると
酪酸や酢酸が作られるので、善玉菌が増えます。
だから、身体にとても良いですよ。

腸内が酸性になると、悪玉菌が減り善玉菌が増えますが
オリゴ糖は悪玉菌が食べることができません。
だから、腸内の善玉菌を増やすのに、とても効果があります。

オリゴ糖が含まれている食品は、大豆類やゴボウ、とうもろこし、たまねぎ、バナナなどです。
また、味噌などの発酵食品も食欲が増し腸内環境が整う効果が期待できます。
乳酸菌サプリも同じく期待が持てますよ。

クレモリス菌FC株について

クレモリス菌FC株

腸内環境を整え肌にも優しいという乳酸菌には、様々な種類があります。
今回はクレモリス菌FC株についてご紹介します。

クレモリス菌はカスピ海ヨーグルトに含まれている乳酸菌です。
正式な学名は、Lactococcus lactis subsp. cremoris FC
(ラクトコッカス ラクティス サブスピーシーズ クレモリス エフシー)と言います。

クレモリス菌は、国内のヨーグルトにはほとんど含まれていません。
乳製品に含まれる乳酸球菌の中では、唯一生きて大腸まで届くことが明らかにされていて
業界関係者の間でも、大変な注目を集めています。

カスピ海ヨーグルトを食べたことがある方は、日本のヨーグルトでは味わえない
粘りがあることをご存じだと思います。
クレモリス菌FC株には、独特の粘りを作るEPSエキソ ポリ サッカライド、菌体外多糖
という成分を生み出す力があるのです。

その粘り成分の元となるEPSは、人の胃液や腸液などの消化酵素によって
分解されないことが知られています。
人の胃や腸は、食物を消化するために強い酸性の液体を分泌しますので
普通の乳酸菌は、その酸によって大腸に届くまでに、ほとんどが死んでしまいます。
でも、EPSは分解されないから、生きたまま腸まで届きやすいのです。

クレモリス菌FC株には整腸作用や免疫力向上の他にも、
「血糖値の急激な上昇の抑制」「インフルエンザ予防」「中性脂肪の低下」など
たくさんの効果が期待できると言われています。

また、腸内に留まりやすいことでも知られています。
実際にカスピ海ヨーグルトの摂取試験では、ヨーグルトを摂取している期間はもちろん
ヨーグルトを食べるのを止めてから2週間経った後でも
体内からクレモリス菌FC株が検出された方もいた。
そんな調査結果も出ています。

ただ、寝不足やストレスでも体内の良い菌は減ってします。
毎日適量ヨーグルトなどを摂取することが、大切だということですね。
あなたもカスピ海ヨーグルトを一度試してみませんか?。

ビフィズス菌について

ビフィズス菌

ビフィズス菌は、ご存知の通り私達の腸の中に住んでいる菌です。
糖を分解し、乳酸と酢酸を作り出しています。
腸の中に住む善玉菌ですので、私達の健康に様々な効果があります。

代表的な役割は、人の体に害を及ぼす悪玉菌を排除し、善玉菌を増やすこと。
悪玉菌を減らすことで、整腸作用が促され、食べ物の消化吸収が高まります。

また、ビフィズス菌は非常に強い殺菌力がある酢酸を作り出すため、
発がん物質などの有害物質の排出を促し、免疫力が強まり、病気になりにくい体を作ってくれます。

さらに、ビフィズス菌は美肌などにも効果を期待することが出来ます。
腸の中のビフィズス菌は、腸のせん動運動を促し、便秘解消に効果があります。
便秘が解消されることで、お肌の有害物質が排出。
活性酸素などの老廃物も抑制されます。

毎日飲むヨーグルトやヤクルトなどでビフィズス菌をとり続けていると、
お肌の保湿が保たれ、美肌がキープできそうですね。

しばしば、乳酸菌とビフィズス菌が混同されます。
でも、二つは別々の菌です。

どちらも善玉菌です。
免疫力が高まるなど作用や、身体に良いことにも違いはありません。
ただ、乳酸菌は乳酸菌だけを作り出すのに対して、ビフィズ菌は乳酸菌と酢酸も作り出します。

また、菌が住んでいる場所にも多少違いがあります。
乳酸菌は体の中全体に存在しているのに対して、ビフィズス菌は大腸の中にいます。
乳酸菌は、腸に長く住み続けることが出来ない菌なのです。
だから毎日ヤクルトなどで乳酸菌を補ってあげる必要があります。

一方のビフィズス菌は、大腸にもともと住んでる菌です。
なくなるというようなことはありません。
両者を細かく比較すれば、違いが良くわかります。

体の外からサプリなどで補った菌は、体の外に排出されてしまいます。
なので、腸内環境を良好に保つには、継続的に摂り続けることが、最も効果に期待ができます。

ラブレ菌について

最近体にいいと話題の乳酸菌には、様々な種類があることをご存じでしょうか。
今回は乳酸菌ラブレ菌についてご紹介します。

乳酸菌は大きく分けて、ヨーグルトやチーズなどに含まれる動物由来の乳酸菌と、お漬物や味噌、納豆などの、日本の発酵食品に含まれる植物由来の乳酸菌に分けられます。
ラブレ菌は京都生まれで、1993年にルイ・パストゥール医学研究センターの故・岸田綱太郎博士が、すぐき漬けという、京都の伝統的な漬物から発見しました。
正式名称は、ラクトバチルス・ブレビス・サブスピーシス・コアギュランスと言います。

人間の胃や腸は食べ物を消化・吸収するために、酸性の胃液、腸液を分泌しています。
そして通常ほとんどの乳酸菌は腸で活躍する前に、この酸によって死んでしまいます。
しかし、塩分や酸度の高い環境で生き抜く強さを持っているラブレ菌には、体内の酸に負けず生きたまま腸に届き、免疫力を高める効果があるのです。

腸に到達したラブレ菌は、腸内に留まるという特徴も持っていることを考えると、本当に優秀な菌です。

ラブレ菌は、腸の中でリンパ球を刺激してインターフェロンαというタンパク質を作らせます。
インターフェロンαには、がん細胞やウイルスに感染した悪い細胞を排除する働きのある、ナチュラルキラー細胞NK細胞などを活性化させる力があります。
インターフェロンα自体にも、抗ウイルス作用や抗がん作用などの働きがあると言われていますので、ラブレ菌を摂取することで、免疫力を向上させることができるというのが専門家としての意見です。
1か月間、錠剤でラブレ菌を摂取した方の10名中8名のNK細胞が活性化された、という事例も実際に目にしてきました。

また、ラブレ菌にはC型肝炎やウイルス性疾患などを改善してくれる利点もあると言われています。
コレステロール値を下げる効果やアレルギーを抑制する効果も持っていますので、漬物で摂取する場合は塩分に気を付けながら、毎日適量取り入れていきたいものです。

フェカリス菌について

私達の腸の中には100億種類100兆個以上もの腸内細菌がすみついていると言われています。
フェカリス菌も腸内に住む細菌の一種ですなのですが、フェカリス菌はビフィズス菌と並んで乳酸菌の種類のうちの一つとなります。
ビフィズス菌は棒状のような形をしていますがフェカリス菌は丸い形をしており、別名球菌とも呼ばれています。

大きさはビフィズス菌の約5分の1、500ナノメートル、2000分の1ミリメートルという超微粒子です。
そのため一度に多くの菌を摂取することができ、ビフィズス菌よりも免疫力強化に効果がある菌として近年では注目を集めています。
フェカリス菌というのは、免疫力が高まり腸内環境が良くなるため、腸の中で健康に大変効果のある働きをしてくれるのです。

中高年の人に多いコレステロール値や高血圧の予防にも繋がるとも言われており、病気に対する抵抗力もつきアレルギー体質の緩和にも効果が期待できるとされています。
また腸内環境が整うことにとより美肌効果を期待することが出来ます。
私達の身体は腸内の悪玉菌と善玉菌の菌の数のバランスによって保たれているのです。

生まれたばかりの赤ちゃんの腸の中は99%善玉菌で占めていますが、年齢を重ねるにつれ善玉菌の数が減り悪玉菌の数が増え病気になりやすくなります。
今までは乳酸菌を生きたまま腸へ届けるのが効果があるとされていましたが、加熱殺菌処理され死菌のフェカリス菌を腸に送り込むことで善玉菌が増え病気に対する抵抗力がつき人の健康に大変な効果を期待できるということが専門家の間でも分かっていることです。

フェカリス菌が発見されてまだ30年弱しか経っておらず比較的に新しい菌です。
フェカリス菌の大きな特徴としては酸素がなくても増殖することができ、死菌で腸へ届くと免疫力が飛躍的に向上し、人の健康に大きな効果をもたらすということです。
腸内細菌を増やすには生きた乳酸菌と食物繊維、フェカリス菌で腸内環境向上に大きな効果を期待することが出来ます。

悪玉菌について

悪玉菌は老廃物などを餌にして増殖し、健康にも悪影響を与えるという菌として知られており、悪玉菌は腸の中に善玉菌とともに住んでいます。
腸の中には圧倒的に善玉菌が多く存在していますが、約15%は悪玉菌と言われています。

生まれたばかりの赤ちゃんの時は約90%が善玉菌と言われていますが、善玉菌は加齢や、ストレス、食生活などで次第に減っていき、悪玉菌が増えるのです。
悪玉菌が増えていくことで、健康に悪影響が及び病気がちになってしまいます。
悪玉菌を減らすには何が原因になって悪玉菌が増えているのかを把握することが大事です。

悪玉菌が増えてしまう原因が分からないことには、正しい対処の仕方がわからず、結果的に悪玉菌が全然減らず、病気がちという体質が変わっていないということにもなりかねません。
悪玉菌が増える原因として考えられるのは、アンバランスな食生活や運動不足、ストレスなどと言われています。
腸の中の善玉菌を増やすには乳酸菌入りの食品を取ればいいのですが、悪玉菌を減らすにはメンタル的な要素が加わっていることから、簡単には減らせないのが現実です。

たとえばお酒を良く飲む、食事を抜く、普段脂っこいものばかり食べて豆類や海藻類、野菜類の摂取が少ない、食事時間の不規則、このような食生活をしていると悪玉菌を減らせる所か、様々な怖い病気になる恐れが出てきます。
そうならないために悪玉菌を減らす正しい食生活をすることが大切なのです。

まずはバランスの取れた食事を決まった時間に3食きっちり取るという基本的なことから始める事がおすすめです。
更に、手っ取り早くて一度に沢山の乳酸菌を取るには具たくさんの味噌汁がおすすめです。
味噌汁は、単品でも優れたメニューでなおかつ体が温まります。

また、お酒は飲みすぎると睡眠不足にもなり悪循環になりかねませんので適量にしましょう。
基本的な生活を心掛けていると悪玉菌が減り善玉菌が増え腸内環境を良くすることが出来ます。
是非これらを心掛け、良好な腸内環境を目指しましょう。

腸内細菌について

生命を維持していくのに大切な器官が沢山ありますが、中でも腸は最重要器官です。
腸には様々な細菌が住んでおり、私達は細菌活動のおかげで生命維持が出来ているといっても過言ではありません。
それほどに、腸内細菌の役割は非常に大きいのです。

腸は、第2の脳とも呼ばれており腸で人生が決まるといわれている位、左右する大切な臓器です。
また体の中で最大の免疫器官でもあります。
腸内のあちこちに免疫細胞が点在しており、食べ物の栄養分の吸収、菌やウイルスによる感染防止に体外への排出など人の生命維持活動に大切な役割を担っています。
ですので腸が悪いと体調も悪くなります。

また、腸は免疫機能の働きだけでなく糖尿病など生活習慣病を防ぐという役割もします。
その上、最近の研究から内部脂肪をコントロールしていることがわかっています。
免疫機能だけでなく動脈硬化、心臓病など生活習慣病まで防ぐ機能まであるということは、多くのの病気が腸の環境により左右されることがお分かりになるかと思います。
長寿の秘訣は腸にありと専門家の間でも言われていることなのです。

またマウスを使った実験では食物繊維を多くとればとるほど免疫機能が高まるということがわかっています。
腸内には3つの菌が存在しており、善玉菌、悪玉菌、日和見菌があります。
それぞれ菌は加齢や食生活、ストレスなどの影響を受けて割合が変化し、生まれたばかりの赤ちゃんの頃は善玉菌がほとんど占めていますが、大人になると約20%ほどに減ってしまい、高齢になるとほとんどなくなってしまうと言われています。

ですので、病気に対する抵抗力がなくなり病気になりやすくなるのです。
赤ちゃんの便が臭くないのは腸内、善玉菌で満たされていて腸内環境が良いからです。
いつも腸内環境を正常な状態に保っておくと健康を維持していけるのです。
腸が上手く機能していれば健康でいられますし、そのためには腸内の善玉菌を増やすことが大切です。